営業時間・定休日
営業時間

9:30~19:00

 
定休日

月曜日
※祝日の場合、火曜日が定休となります。

 
電話番号

043-421-5811

 
 
住所

〒263-0003

千葉市稲毛区小深町111-1

スタッフブログ

   
2018/12/19  ショールームダイアリー  営業 飯嶋 陽介
懐かしの…
飯嶋 陽介 / イイジマヨウスケ
[営業]
 

こんにちは。昔から古風なところのある飯嶋です。

 

 

しかしこの年になると「古風なところがある」ではなく、ただの「古い人」という評価になるようです。

 

 

古(故)きを温め新しきを知る人間を目指したいと思います。

 

 

ちなみにFIATは伝統を重んじながら、革新を取り入れている所が魅力のひとつ

 

 

昔ながらのデザインを残しながら、決して古臭さを感じさせない絶妙なバランスが愛される理由ではないでしょうか。

 

 

↓の画像は1957年に登場したNUOVA 500。

そしてこちらが今のFIAT500の限定車「Anniversario」↓↓

NUOVAのホイールデザインに近く、今どきのホイールとはかなり違うデザインですが、ご覧いただいたお客様にはダントツの人気を誇っています。

 

 

レトロ感こそあれど、古臭いデザインとは感じられないのではないでしょうか。

 

 

古き良きFIAT、そして今のFIAT。

 

 

どちらも感じられるFIATの究極がここにあります。

 

 

60周年だからこその限定車。

 

 

一番お買い得な今月のご登録がまだ間に合います。

 

 

60周年の扉が閉まる前にぜひお越しください。

 
   
2018/12/16  オーナーズボイス  営業 飯嶋 陽介
「快適」よりも大事なこと
飯嶋 陽介 / イイジマヨウスケ
[営業]
 

こんにちは。私生活もサッカーもスマートにしたいのに、どうも泥臭くなってしまう飯嶋です。

 

 

それも「味」と思うようにしました。

 

 

「味」のある車といえばFIAT500やABARTH595。

 

 

今回はABARTHのスコーピオンマガジンに掲載されている595のオーナー様のお声をご紹介いたします。

 

https://www.abarth.jp/scorpion/abarth-owners/10856

595に乗るようになってから「ちょっと人生が変わった」というオーナーの寺井様。

 

 

FIAT500やABARTH595よりも装備が充実していて快適な車はたくさんありますが、人生を変えられる車というのはなかなか巡り合えないのではないでしょうか。

 

 

用事があるから車に乗るのではなく、車に乗りたいから乗る。

 

 

FIATやABARTHはそんな車であると思っています。

 

 

 人生を変える一台に出会ってみませんか。

 

 

スマートに生きるよりワクワクする毎日にご案内します。

 
   
2018/12/15  ショールームダイアリー  営業 飯嶋 陽介
POWER UP
飯嶋 陽介 / イイジマヨウスケ
[営業]
 

こんにちは。女子力高めと言われる飯嶋です。

 

 

なのに先輩には小さいオッサンと言われます。

 

 

先輩も十分オッサンなのにという反論は胸に秘めておきます。

 

 

さて、今週は女性を応援するFIAT CIAO DONNAキャンペーンの最終週です。

ショールームにお越しいただくと、心も体もビューティチャージできる入浴剤をプレゼント。

 

 

さらにSNSに投稿いただくと長谷川エレナ朋美さんによる人生が愛おしくてたまらなくなる著書が当たるチャンスも。

 

 

明日が最後ですので、ぜひショールームへお越しください。

 

 

飯嶋と女子会トークをしましょう。

 
   
2018/12/14  ショールームダイアリー  営業 飯嶋 陽介
ショールーム入れ替え日記3
飯嶋 陽介 / イイジマヨウスケ
[営業]
 

こんにちは。気持ちはスピード狂、道路に出れば安全運転の飯嶋です。

 

 

内弁慶ドライバーです。

 

 

さて、ショールーム入れ替え日記、連載3回目。

 

 

スピードは出さないよう日頃気を付けている飯嶋ですが、そんな心をザワつかせるのが今日ご紹介するアバルト595シリーズ3台目Competizioneです。

他の2グレードよりも、より速く楽しく走ることを追求したモデル。

 

 

馬力もエンジン音も1ランク上の世界を見せてくれます。

 

 

初めて595をご覧になったお客様はエンジンをかけただけで笑いが出るほどのサウンド。

 

 

そして軽いボディを生かした加速力は別格です。

シートはサベルト製のバケットシート。

 

 

思わずアクセルを吹かしたくなるシートのホールド性はこのグレードの醍醐味です。

 

 

3つのグレードそれぞれの美味しさの違いが楽しめるショールームに仕上がっています。

 

 

ぜひ見比べにいらしてください。

 
   
2018/12/13  ショールームダイアリー  営業 飯嶋 陽介
今週末が最後
飯嶋 陽介 / イイジマヨウスケ
[営業]
 

こんにちは。先日理容師の妻に髪を切ってもらい、すっかり短髪になりました飯嶋です。

 

 

少し切るだけと言われていましたが、終わってみれば夏が来ても大丈夫なくらい短くなっていました。少し寒いです。

 

 

さて、12月ももう半ば。

 

 

今週末で最後のキャンペーンをもう一度ご紹介致します。

MAKE YOUR SCORPION

 

 

アバルト595をあなた好みに作れます。

ボディカラー、シート、ブレーキキャリパーカラー、全て選んでオーダーメイドできます。

 

 

こっちのボディカラーだとこっちのシートが選べない、なんてことはありません。

 

 

全て皆さまのお好みに染められます。

 

 

12月16日が最終オーダーとなります。

 

 

悩んでいたらまずはショールームへお越しください。

 

 

一緒に悩んで最高の一台を見つけましょう。

 
2018年12月(19件)
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ページ上部に戻る